« 次の一手 | トップページ | ケツイジルナラ »

2022年6月19日 (日)

トゥルーチューン

今更な話ですが、言われなくても常識って方にはどうでもいいネタですが、「トゥルーチューン」ってご存じじゃ無い方は覚えておいて頂きたい。

Qs_20220619201828

これは前からラインアイを見た状態。向かって右側にラインアイが曲がってるのが分かりますかね?

Qs_20220619201837

上から見たら明らかに右ですよね?

この場合、ルアーをリトリーブしたら自分に向かって泳いでくるルアーは右に行きたがったり、ウェイクアルファみたいにロールが強いルアーは左方向に倒れてひっくり返りたがったりします。(➡方向に)

Qs_20220619201858

その場合はアイの付け根からプライヤーで挟んで、軽く(強く一気にやらず)反対側に起してやります。

Qs_20220619201958

こんな感じで。

 

正面から見て見たり、上からやリップの中心と合わせて下から見て見たりして、中心になる様に修正して見てください。

 

それで、泳がせてみて真っ直ぐ泳げばそこがそのルアーの中心です。

 

とは言うものの、ボディーのバランスやリップのバランスで微妙な個体差があるので、必ず見て確認した中心がその個体の中心とは限らないので、チューニングしたら必ずスイムチェックをして、その個体の一番泳ぎが安定する位置を見つけて下さい。

この方法を覚えておくとルアーの泳ぎを任意で調整できるので、是非覚えておいて下さい!!

 

最初は泳いだのに、例えばぶつけたり、引っかけたりした際にアイが曲がってどうも泳ぎがおかしいとかって時にはこの方法はすぐにその場で修正できるから大変役に立ちます。

その他にアイの上下でアクションを変えるって技もあり、タックルバランスの違いやフィールドでの足場やロッドの角度の違い(ボートなのかオカッパリなのかの足場の高さ等)で覚えておいた方が便利にはなりますが、それに関しては興味があればやって見て頂くとして。

ひとまずこの左右の調整はまずフィールでルアーを使って気になったら調整してもらうのをお勧めします!

 

昔は新品のルアーを買ったらこれをやるのが普通の時代もあったんですが、現代ではこんな事する必要が無かったりするからやった事無いって方が現場でルアーの調整できなくてせっかくのチャンスに使えないとかなると残念なので、今更なお節介で解説してみました!

|

« 次の一手 | トップページ | ケツイジルナラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次の一手 | トップページ | ケツイジルナラ »