« オジサンニン神社ランガン | トップページ | 回り回って »

2022年5月 9日 (月)

未来へと

20220508_145324

最後に話したのは先月末だった。

ブライトリバー松本さんから入院してるけど個室だから電話出来ると言われて容体を聞きに電話をした。

ほとんど声が出てない… まさか食道手術の直後だなんてそんなタイミングはなんぼ何でもだから「また掛けなおします」

って言ったら、「えぇで、大丈夫やで」って。

それから小一時間、いつもの様に仕事の話、車の話、退院したらあれやこれやなんて本当にいつもの様に話した。

初めて出会って話す様になってから20数年。

病気の話が多くなった近年だったけど、ほぼ変わる事無くいつもの様にバカな話をつらつらと話し続けた。

 

初めて出会った頃は僕はタマタマルアーを道楽さんで取り扱いしてもらった頃だから、正直ルアーを製品として量産するノウハウをほとんど知っていなかった。

今でも苦手だけど、ブランク加工なんてなかなか酷いもんでした。

それを見かねた藤原さんが本当の初歩から惜しげもなくノウハウを教えるどころか、何なら原型を作ってもらったラインナップがあるくらい、今のタマタマルアーの基盤になる部分ほぼ全てが藤原さんからの教えと言っていい。

松本さんと出会って居なければタマタマルアーは世に出る事は無く、藤原さんと出会って居なければタマタマルアーが今もこうしてルアーを作り続ける事は出来ていない。

 

見た目通りの大きな体で、声も大きくて豪快で、大酒飲みで手が付けれなくて、毎回困るくらい手がかかる酔っ払いで、シャイで繊細で真面目で、優しくて優しくて困るくらい優しくて。

田舎モンで遠くに居る僕にいつでもしょうもない話で電話して来ては困った事無いか?って先回りして助けてくれる。

ずっと追いかけてるのに追いつける事無いホントにスーパーヒーローみたいな人。

5月7日に焼香に行った時、「来ましたよ、これからも僕はルアー作りますからね!」って声を掛けた。

この業界でスタートした時、火事で再スタートした時、いつでも前で引っ張ってくれた藤原さん。

きっと「ルアー作りますからね!」の後に「追いつきますからね!」なんて言ってたら「ハンッ!アホカァッ!!」って鼻で笑われたかも。。

もぉ鼻で笑ってもくれんけど。。。

電話も掛かって来んじゃん。。待ってんのに。。。

 

僕の仕事は先人達の創って来た歴史を今に残し、未来に伝える事だと思って居る。

どんなに奇想天外で見た事ないモノが生まれたとしても、それを未来に繋げて行かなければ文化にならない。

言葉を持った人間が時代を築き語り継ぐ語り部が居た様に、技術を磨き上げ作り続けた職人の情熱を受け継ぎ、また新たな未来へと送り届ける事がこの道を選んで、藤原さんと同じ時代を過ごしこれからも生き続ける僕の職人としての務めだと思う。

時代を経てモノの形は変わって行ったとしても、情熱はずっと何年、何十年経っても人の心を揺り動かすエネルギーだから。

だからこれからも僕は時代と共にルアーと向き合いたい。

時代を駆け抜けた大先輩・藤原雄一さんから受け継いだ情熱をパワーにして。

 

 

藤原さん、僕はまだ急いでそっち逝く予定じゃ無いから、また何十年かしてそっち逝ったら天国の面白いとこ連れてって下さいね。

今はひとまず、お疲れさまでした。

もぉしんどくないだろからゆっくり休んで下さいね。

酒が飲める様になってたとしても周りに迷惑かけん様に大人しく飲んで下さいね。

じゃあまた!

 

|

« オジサンニン神社ランガン | トップページ | 回り回って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オジサンニン神社ランガン | トップページ | 回り回って »