« ナイスな釣果ドッサリ!! | トップページ | タイドグラフとフィッシュタイマーについて少々 »

2016年7月14日 (木)

困難こそチャンスなのか?

久々にガッツリと釣りに行ってきました!
今回のお相手はプロ登山家の竹内さん。
いつも飛行機でコチラにお越しなので、釣行スケジュールはいつもお互いの仕事の調整をして予定を合わせる感じなので、結構前にスケジュールを決めてました。

その時点では梅雨も終盤になって、少し夏っぽい感じのシェード打ちで小バスが遊んでくれたらいいなぁ~ってくらいの夏休み気分をイメージしてたのに、予定日が近付くにつれゲリラ豪雨や梅雨全開な天候が増えたりでどこも大増水でダムも川もサッパリ状態、、、

イメージしてたプラン総崩れの中、簡単には釣れないまでも釣果情報があるポイントを何箇所かセレクト。

初日は夏場でも比較的水位が安定してるダムへ!
しかし僕は大の苦手ダムで相性が悪いフィールド。
全く釣れる気がしないままスタート!
したら直後にサンプルのカップノイジーで連続バイトww即ファーストキャッチ!!

コレはもしかしたら相性が良くなったのか??なんて思いが過ぎった直後から雷ゴロゴロで顔も上げれないくらいのゲリラ豪雨。。。

スタートした時は濁りもほとんど無かったのに、アッと言う間にショアラインは白濁りでインレットは濁流。

雨の弱まる時間に濁りが少ないエリアを探してお互い靴に入れてお土産で持って帰れるくらいの小バスを数本キャッチ。

1本だけラマイロジョイントに食ってくれたのが写真の47cm。

結局初日はドンドン状況が悪くなってタイムアップ、、、

Qs_20160714085005

そして2日目は天候の影響を考えて大移動。
ずっと減水傾向だったのが増水で少し状況が安定してきたかも?と言う情報があったので、反応はほとんど無くても出ればデカイと言う、釣り人的には都合の良い解釈だけを望みにスタート!

Qs_20160714090801

っがしかし、魚の生命感は無い上に生命感バリバリの少し前まで陸地に咲いてましたよね?ってくらいの水中花が見事な事・・・

って事で全く反応が無いまま半日が過ぎ、折り返しの最上流部のゴミ溜まりに差し掛かった時にクラッカーヘッドで反応があって、僕がカヤック際で痛恨の1本バラシ。。
この状況の中で貴重な魚を取り逃がしたのは本当にダメージが大きかった。

そして、下りながら無反応が続いたので、コレはダラダラ打つよりも、ゴミ溜まりと水位変動の影響の少なそうなインレットのシャローを狙おうって事にして、ほとんどのエリアを切り捨ててランガン。

小さなインレットの前にゴミが溜まったポイントで竹内さんが投げたスウィングジャックがターンを始めた直後見事なバイト!!

だけど、ゴミの向かうだから絶対引きずり出せない・・・
一気にカヤックをゴミの中に突っ込んで必死にパドリングしてランディング出来るポジションまで根性で突っ切り、キャッチしたのが文句なしのこのバス!!

Qs_20160714085250

竹内さんの自己記録更新の56cm!

Qs_20160714085308

このバスをキャッチしてインレットを出たら遭難しそうなくらいの白波と強風で、エントリーポイントに戻るのが必死な状況になり、結局は魚を狙える状況は見つけたけどこの一本で終了。

その後に100kmほど移動して夕マヅメを狙うも、風がおさまらず、風裏になる僅かなエリアでクラッカーヘッド30cmクラスを4本キャッチしてタイムアップ。

最終日は前日2日の状況から急激な雨の影響で増水してるのは避けられないので、とにかく水が悪くないと思われる場所を狙ってスタート。

開始から2時間くらいやはり無反応、、、

スローな展開で探ってても打開策が見つけれないので、とにかくペースアップしてワイドにサーチ出来る様に巻物メインで強めのアクションでチェイスだけでも見れたらと思ってウェイクダディーの波動とフラッシングで流してると流れの当たるエリアの結構沖目でポンポンっと40中盤をキャッチ!

Qs_20160714085431


Qs_20160714085519

この日も顔にワイパー付けたくなるようなくらいずっと雨の中、ひたすらランガン、、、

Qs_20160714085539

前回飛行機に乗り遅れると言うハプニングがあったので、最終日は終了時間も余裕を持って深追いせず、終始巻物メインの展開でめぼしいエリアを周り、

Qs_20160714085602

結果的には40中盤を2本ずつの計4本。

Qs_20160714085624

終日悪天候の状況下で、予測の立て難い展開に苦戦して、自分的にペースが掴めずにゲーム展開が単調になってしまった事が反省点ではありましたが、その分もっとラインナップ的にタフな状況でも変化を付けれる展開が必要だと再認識出来たし、有効に使えるアイテムも試せたから、難しいなりの成果はあったかなと思います。

何よりも、難しい状況だからこそ条件の良いポジションに居るグッドサイズの存在も確認できたし、結果的に竹内さんが自己記録更新となる釣果が出た事は何よりな収穫の多い遠征だったと思います。

3日間の移動距離800km!
今回は飛行機乗り遅れも無くバッチリやり切りましたwww


|

« ナイスな釣果ドッサリ!! | トップページ | タイドグラフとフィッシュタイマーについて少々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナイスな釣果ドッサリ!! | トップページ | タイドグラフとフィッシュタイマーについて少々 »