2018年5月20日 (日)

大飲み会

Qs_20180520085837

Qs_20180520085848


昨日は釣りでは無く米子INしてる広島のしゅうちゃんと夜合流して大飲み会!!

地物の海産物と地酒で飲んだ飲んだww

これでもかってくらいゴチになりました♪

さすが社長じゃぁ〜!!!

でもそろそろ初バスの釣果報告も待ってますよ!社長www


| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

小さい敵

Qs_20180517184646

小さいがゆえの手間…

ボディーでこんなに持ちにくくて手間かかったら、尻尾は絶対にサンダーで弾かれて換気扇から飛び出すのが目に見えて来た。

尻尾なんか指の爪くらいしか無いから研磨の時にどうやって持ったら良いのやら?www

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

久々に

Qs_20180515180452

新年初リリースのブギースラッシュから長らく企画モノが続いて間が空いたレギュラーの作業がいよいよ再開!

ラマイロジョイントのスモール版「ラマイロジョイント22」

これからしばらくジョイント地獄が続きます・・・頑張ります!


Qs_20180515180511

前からずっと欲しかったイワタニのスモークレス焼肉グリル「やきまる

偶然ホームセンターで安売りしててリアクションバイト!!

これホントに良いです!!!!
湯気程度しか煙出ません。
だけどガスで直火なので油が落ちて美味しく焼けます。

煙が出ないだけじゃ無くて油の飛び跳ねも少なかったです。

こんなに良いならもっと早く買えば良かった、、、

これさえあれば炭おこしてBBQの準備する手間も、ホットプレートでいかにも家焼きする残念感からも解放されます!!!

かなりオススメです!

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

完売御礼!

竹内さんとのコラボ企画、14TamaTama「Cho Oyu 8201」はおかげ様で完売となりました。
大変にありがとうございました。

14TamaTamaシリーズは今後も第6弾、第7弾、~第14弾まで続きますので、是非全山登頂を目指して頑張ってお付き合い宜しくお願い致します!!

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

販売スタート!

Qs_20180511171855

Cho Oyu 8201販売スタートです!

Oraora.DEPO

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

ヘッドハンターズ×タマタマルアーの80’s

Qs_20180512151955

ヘッドハンターズコラボ企画の80'sボラ(HeadhunterBanana)

パワフルでポップでビビッドでサイケな80年代をイメージして、ベイトのボラをナチュラルプリント!

70年代生まれ、80年代に青春時代を過ごした僕達世代は80年代に沢山のモノと出会った。

ファッション、音楽、アート、セックス、そしてブラックバス。

その出会い全てが30年経った今でも僕達の原点であり、現在進行形のライフスタイルでもある。

今回このカラーの他に何パターンかカラーラインナップを作ってますが、それは是非ヘッドハンターズさんでチェックして頂きたい!

80年代っ子の僕達の遊び心を感じて頂けたら嬉しいです!!

本日発送します。


Qs_20180510183710


| | コメント (0)

14TamaTama新作「Cho Oyu 8201」完成!!

2018514tamatama8201

プロ登山家・竹内洋岳さんとのコラボ企画「14TamaTama Cho Oyu 8201」がようやく完成しました!

世界に14座ある8000メートル峰の世界第6位の山チョーオユー。

頂上までの稜線がなだらかな雪原であると言う特徴から、8000メートル峰の中では比較的登りやすいなどと言われるらしいですが、他の山に比べてベースキャンプの標高が高い上に、気象の影響を受けやすく、8000メートルを超える頂上稜線に出てからのなだらかな登りはとても辛いらしい。

竹内さん自身も2度目の挑戦で登頂された山で、その時のエピソードから生まれた今回の製品は製品化も容易ではありませんでした。

是非そのエピソードを読んで頂き、製品から情景を想像して頂けたらと思います。

明日20時からOraora.DEPOで数量限定で販売開始します!

竹内さんが見た、感じた8000mの世界を写真でも映像でも文章でも無く、ルアーと言う形で表現した唯一無二の世界観をこの機会に是非!

¥8424(税込み)

~ 幻の灯火 ~

わずか数時間前にあった登頂の歓喜は全てかき消され、私は不安と後悔に押しつぶされながら暗闇の中をのたうちまわっていた。
チョーオユーの頂上からの下り、パートナーとはぐれ目の前に続く足跡を追うものの、下っても下っても最終キャンプに戻れない。

おかしい・・・こんなに遠いはずがない・・・後ろを振り返り、その光景から記憶を呼び起こそうとした。そして、再び足元から続いているはずの足跡を見ると、いままであった目の前の足跡が一瞬にして全て消え去ったのだ!足元から先には、なんの痕跡もない雪と氷の斜面が真っ暗な谷に落ち込んでているだけだ。
いままで追いかけてきた足跡は幻覚だ!
日はとっくに暮れ、真っ暗闇、酸素は地上の三分の一しかない標高約8000mで生き残りをかけたビバークが始まる。

意識を失うように眠りに落ち、酷寒に目がさめる。すると、遠くの暗闇に明かりの灯ったテントが見えるではないか!
暖かそうに明かりの灯ったベースキャンプの自分のノースフェイス2mドームが見える!みんなが心配して待ってくれているんだ、早く下りて行こう!
フラフラと歩いては、疲労でしゃがみ込み、そのまま眠りに落ちる。そして寒さに目を覚ますと、また遠くに灯火のように暖かそうな2mドームが見えている・・・
ああ・・・こんなところにベースキャンプがあるはずがないよ・・・これも幻覚なんだ・・・

あの幻覚の中に見た、明かりの灯ったノースフェイス2mドームをタマタマルアーに再現しました。

| | コメント (0)

2018年4月26日 (木)

やっと遠征3日目!

竹内さんとの遠征3日目の報告が随分遅くなってしまいました、、、すいません。

遠征3日目は最終日と言う事で竹内さんの飛行機の時間があるので、暗い内にチェックアウトして早朝からスタート!

朝は冷え込んで霧が出て寒い。
気温は7℃、水温は14℃。

早めにスタートしたのに冷え込みのせいか活性が低い・・・

やっと反応が出たのが日当たり側のガレ場で竹内さんのエヴェレストで45cm

Qs_20180420120025

その後は続きの日当たり側で何バイトかあってバラシもあったので、もしかしたら水温上がれば??
なんて軽く考えたけど続かない。。

移動を繰り返しながら水温の上がりそうな場所を打って行くと、竹内さんのマスターフレックスにラッシュが来た!


Qs_20180420120038

45cm


Qs_20180420120058

45cm

Qs_20180420120115


42cm

と、僕がカメラ置いて竿持とうとすると釣れるww

僕はフロントで竹内さんがマスターフレックス投げてたから違うパターンはどうなのか?とアレコレ投げてたけど、とにかくこの時点で確実に食い気のあるバスが反応するのが、マスターフレックスを着水直後からポーズ無しでリトリーブを始めて、岸から離れる1m以内で食ってくるパターン。

しかも、岸に並行に引かずに岸から離れる様に引くと出る!

このパターンって本当に僅かな違いでも途端に反応が変わるから怖い。
試しに僕が後ろから竹内さんの前にキャストして、ペンシルとかで同じ様に着水直後から連続でアクションさせても、角度的に斜め引きになるからなのか?バイトしても寸前で見切られるのかショートバイトになって乗らない・・・

Qs_20180420120129

分かっていながらもムキになってた僕にダメ押しで48cm。

この時点で僕も素直に巻く事に、、、だけどマスターフレックスで釣れるの分かってて使うの悔しいからヤンガでwww


Qs_20180420120145

ハイ!すぐ釣れた。。。45cm。

Qs_20180420120216

こうなりゃ僕も悪魔に魂売ったかの様に巻き倒すも、午後になって風が強くなって来たらパタッと反応が途絶えた。

朝から気温が一気に15℃以上上がって、谷沿いの湖面は逃げ場が無いくらい強風が吹きぬけ始め、飛行機の時間を考えるとそんなに粘れないと判断して、一気にスロープ近くまで帰った所で今回竹内さんと最終打ち合わせをした14tamatama の新作にチェンジ。

スロープまで後50mくらいの場所で風裏になった。
ロケーションは抜群だけど、今日の感じからは期待薄だなぁ~なんて思いながらも、流木とか絡むエリアだったので、「最後ぐらい空気読めるバス居らんかなぁ~??」って言いながらキャストして、それでもと思って着水直後からポーズ無しでアクション始めたら即バイト!!
けど、明らかに乗ってないのが分かったので、「やっぱりなぁ~~、、、、」って再度アクション始めたら追い食い!!!

何て空気読めるバス!!!!!

製品化前の最終打ち合わせして、コラボの2人が揃ってるこのタイミングで、終了間際のオーラス恋人選びくらいの時間にそんな律儀にドラマ魚になってくれるなんて!!!


Qs_20180420120307

バランス崩してランディング失敗とか切ないのでカヌーのシートから底に座りこんでキャッチしたまま腰の力が抜けて動けなくなるくらいの感動的なクライマックスバス!!


Qs_20180420120244

竹内さんと2人して笑いが止まらないwww

今回の新作は構想からここまで2年近くかかったので感動が更に大きい。

本当にありがとう!!
ブラックバスは最高だなぁ!!!!

この魚をラストに3日間の遠征はタイムアップとなった訳ですが、3日間結構てこずりながらもサイズは出たし、獲りたいルアーでキャッチ出来たし、本当に内容的には濃厚な遠征でした。

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

夏日の週末の釣果報告!

Qs_20180423113054


Qs_20180423113138


Qs_20180423113153


Qs_20180423113204


Qs_20180423113216


| | コメント (0)

2018年4月20日 (金)

遠征2日目

朝の気温7℃、水温は14℃、湖面では体感的にはもっと寒く感じる。

ダウンを着てないだけで、レイヤリング的には冬みたいな重ね着。
カヌーをいくら漕いでも寒さは解消されない・・・日中も最高14℃で1日ネオプレーンのグローブをしてた。

初日に見えた見えバスの姿が朝の時点では少なくなった気がしたので、もしかしてスポーニングが進んで益々状況が悪くなったのか?ととにかく広範囲をランガン!

スタートから3時間、やっと竹内さんのヤンガに反応してくれたのがこのバス。


Qs_20180420115916


Qs_20180420115929


見事な体型の51cm。

何とかこの時期らしいナイスプロポーションの良型をキャッチ出来たけど、その後が全く続かず攻め手を絞れないまま時間が過ぎ、4時間くらい無反応が続いた。

途中せめてバイトやチェイスでもあってくれたら・・・

夕方前になってやっと僕のマスターフレックス、ブギースラッシュにバイトがあったものの乗らない。

その後竹内さんのエヴェレスト(14tamatama)でキャッチしたのがこのバス。

Qs_20180420115952

このバスをキャッチする際、今回予備で持って行ったネットで僕がキャッチしたら、確かにネットに入ったのに取り込もうとしたらバスがネットの外に居る!!????
一瞬何が起きたのか訳が分からなかったけど、すでに取り込みの動作になってたから勢いでカヌーの中に一気に上げて見たら・・・予備のネットが古くなって弱ってたみたいで底が破れてバスが抜け落ちてたwww

運良くルアーが引っ掛かってたから一緒にキャッチだったけどwwww

ちゃんと新しいネット買わなきゃです。

その後いよいよ夕マヅメになって、初日見えバスが多かったシャローに移動してみると、朝は居なかったバスがワンサカワンサと水族館かよ!!??ってくらい泳いでるじゃないですか!!

テンション上がって日没まで投げた投げた!!どっかの国の空爆かってくらい集中砲火で投げた投げた!!!

心が折れた・・・・

結局何も起きぬまま、一年分位バスの泳ぐ姿を見ただけで2日目は終了。


Qs_20180420120007

朝から晩まで投げ続け、漕ぎ続け、2人で4バイト2フィッシュ。
疲れた身体に補給する為に昭和感満点の焼肉屋さんで晩ご飯を食べて、宿に戻ったのでした。

ラスト1日感動のクライマックスに続く・・・

| | コメント (0)

«竹内さんと遠征3日間!